iタウンページのデータをcsvからエクセルに変換する方法|オフィスクリエイト


【iタウンページのデータをcsvからエクセルに変換する方法】

【名簿君3】で検索したデータは、csvという形式で出力されます。
csvをエクセル形式で保存しなおす方法は、下記のとおりです。
※Excel2016の場合

1検索結果が出力されたフォルダを開く
  ※通常は「ドキュメント」フォルダの中の【名簿君】のフォルダの中にあります。

CSVを開く画面


2検索結果ファイルをダブルクリックで開く

エクセルでCSVを開いた画面


3エクセルが開いたら、左上部のメニューより「ファイル」をクリック

ファイルメニューの画面


4下記画面が表示されたら、「名前を付けて保存」をクリック

名前を付けて保存画面


5保存先フォルダを選択する
  ※保存先は任意に選択可能です。
  ※検索結果が出力された「名簿君」フォルダに保存する場合は、下記のとおりです。

フォルダを指定している画面


6「ファイルの種類(T):」の右に表示されている「CSV(コンマ区切り)(*.csv)をクリック

ファイルの種類変更


7一覧より「Excelブック(*.xlsx)」を選択する

Excelブックを選択


8「保存(S)」をクリックする

エクセル形式で保存


9以上で、csvからエクセルに変換ができました。
  ※今回の場合、エクセルシートに戻った際に、上部表記が「全データ2.csv」だったものが「全データ2.xlsx」表記に変わっています。

正しくエクセル形式で保存出来たことを確認する画面


フォルダ内でエクセル形式になったことを確認する